Site Overlay

疑問を解決!心療内科を受診するのはどの様な症状が現れた時?


心療内科で行われる治療

心療内科という言葉は知っていても、どのような治療を行っているのかピンとこないという人は多いと思います。心療内科は主にストレスが原因で体に症状が出た時に、本人の同意の上で一人ひとりに合う治療を行ってくれる場所です。例えば内科で検査を受け異常が無かったのにもかかわらず、下痢や腹痛、動悸が続くなどの症状が現れている場合は心療内科の出番になります。ただし体の症状だけを対象としている訳ではなく、軽いうつ病など心の病にも対応してくれるケースもあります。ストレスを感じることが多くそれに伴い体に不調が現れた時は、心療内科を受診することも選択肢の一つです。

眠れない症状がある時

不安や悩み事があり眠ろうとしているのに眠れない、途中で何度も起きてしまうという症状が出ている人は不眠症の疑いがあります。不眠症の場合は薬物治療を行うのが一般的ですが、心療内科では生活指導や睡眠指導を行い薬を処方せずに治療してもらうことが可能です。ただし心療内科は睡眠を専門としている医師が必ずしもいるとは限らないため、専門医に診てもらいたい時は睡眠外来を受診するということも選択肢に入れておく必要があります。また心療内科を受診する際は、どの様な症状に対応しているのかしっかり確認しておくことも大事です。

不眠症を放置しておくと、眠れない不安や焦りからますます眠れなくなってしまうことがあります。快適な眠りを取り戻すためにも、一人で悩まずに医師に相談するという行動を起こすことが大切です。

岡山の心療内科は気軽に利用して良いサービスです。心に漠然とした不安感がある、最近不眠症状が出てきている等、素朴な体調不良を感じた時は早めに受診しましょう。