Site Overlay

これで安心!工事のトラブルを防ぐための心がけ3つ


金銭で揉めないために。見積書はここをチェック!

工事における金銭のトラブルは厄介なものです。例えばエアコンの移設工事でも、実際に現場に行って状況を見てみると、壁に穴を開けなければ新設できないケースも見られます。その場合は追加料金がかかってきますが、事前にそうした可能性があることや追加料金の額などを聞いていなければトラブルになりがちです。金銭トラブルを防ぐには、見積書をよくチェックしておきましょう。合計金額のみが書かれてある見積書は不親切です。きちんと内訳まで細かく記載してもらい、追加料金が出る可能性についても確かめておくことが大切です。

工事前と工事後は近隣の家に挨拶周り

工事トラブルとして非常に多いのが、工事の騒音や埃や臭いによる近隣からのクレームです。砂埃や音のために窓を開けることができないなど、近隣宅に迷惑をかけることも多いですが、きちんと施工前に挨拶に行っておけば揉めるまでにはいきません。業者とできれば工事主本人も一緒に、粗品を持って挨拶に回りましょう。工事前だけでなく工事後も挨拶に立ち寄れば、その後の近所づきあいも円満にいくのではないでしょうか。

業者との打ち合わせをしっかりと!

修繕リフォームでも新築工事でも、思っていたのと違う出来上がりになってしまったことで揉めるケースが見られます。思っていた塗装のカラーと違ったというような話です。無料でやり直しになっても、さらにまた日にちがかかってしまいますよね。急ぎの場合は困りますし、工期が長引くとストレスを感じるものです。このようなトラブルを防ぐためには、事前に業者と念入りな打ち合わせをしておくことが重要と言えます。色見本や施工例などを参考に、自分の希望するイメージをできるだけ具体的に分かりやすく伝えるようにしましょう。

中古の建機のオークションは安い価格でお目当ての車両を購入できるのが魅力です。しかし、年式や走行距離などは実車が引き渡されるまでわかりません。そのため、事前に出品者の評判を確認する必要があります。