Site Overlay

誰にでもなる可能性がある?!うつ病と治療方法


誰でもなる可能性のあるうつ病

原因がわからないのに食欲がない、眠れなかったり、気分が落ち込んでしまう、趣味などが楽しめなくなってしまった状態が続いている場合には、うつ病の可能性があります。

うつ病は誰でもなる可能性がある精神的な病気で、精神的なストレスや身体的なストレスが溜まり続けるなどの理由から引き起こされます。脳がうまく機能しなくなっている状態で、何事も否定的になったり、自分への自己肯定感がなくなっていき、死にたいなどと感じてしまいます。

通常の状態であれば解消できるストレスも溜め込んでしまうことで、より状態は悪化するということも考えられる病気です。

このようなうつ病は自分だけで改善することは難しいため、病院で治療することで回復も早まります。

うつ病の治療方法とは

うつ病の原因、体質は患者によって異なるため、それにあった治療方法を行なっていく必要があります。

うつ病の原因の中には体の中の病気が潜んでいることも考えられます。そのため根本的に治療するためには、病気の治療を行います。

また、飲んでいる薬が合わずに副作用などで憂鬱な気分になってしまうケースもあるとされています。そんな時には一旦薬の使用を中止し、別の薬に変えてみます。

精神的なストレスが原因の場合には、精神療法としてカウンセラーなどと対話を重ねながら問題を解決したり、認知療法や対人関係療法が行われます。

また、薬物療法も行われます。副作用を抑えるために少量から抗うつ薬を服用していきます。抗うつ薬を飲むと調子が良くなることも多いですが、自分の判断でやめないことが大切です。

TMSとは、うつ病の治療方法のひとつです。磁気エネルギーを使用し、脳内の特定部位を刺激し、脳内の血流を増加させ、低下した機能を向上させるために行われる治療です。