Site Overlay

薄毛治療にはこんなに種類がある!それぞれの違いを把握しておこう


薬を服用して薄毛を改善する投薬治療

薄毛治療で最も一般的なのが投薬治療ですね。薄毛の治療というと育毛剤など外側から行う治療をイメージする方もいるかもしれませんが、病院などでは投薬治療を行うことが多いです。薄毛の原因は体内にある脱毛ホルモンと言われています。それだけでなく、加齢や生活習慣なども原因になることが多いですね。これを薬の力で改善するというわけです。もちろん投薬治療をベースにして、それと合わせて他の治療が行われることもあります。

最近増えている注入治療!

2007年頃に登場しどんどん一般化しているのが注入治療です。育毛剤のようにただ頭皮に塗るのではなく、頭皮に育毛成分を直接注入します。成分を直接頭皮に注入するので、育毛剤よりも成分がしっかりと届き、効果が出やすいという特徴があります。しかし、基本的には投薬治療を行い、効果が出なかった場合などに使われる治療法です。

根本的な解決をしたいなら自毛植毛治療

投薬治療を行ったとしても、薄毛の部分に毛根がなかったら効果は望めません。そういうケースでも効果が期待できるのが、自毛植毛治療です。これは簡単に言うと自分の毛根を薄毛の部分に移植して、髪の毛を生やすという方法ですね。毛根が死滅して薄毛になってしまう場合もあり、そうなるとそこから毛が生える可能性は少なくなります。そこに健康な毛根を移植することで、薄くない部分と同じように健康的な毛が生えてくるというわけです。他の治療よりも大掛かりな治療になりますが、薄毛の根本的な治療法として良く利用されています。

髪の毛で悩んでいる人は、思い切ってagaの治療を行いましょう。日々悩んでいるよりも行動すればすぐに結果が表れて、明るい気分で毎日が過ごせます。