Site Overlay

省エネにも繋がるLED照明には多くのメリットがある!


寿命の長さが最大の特徴であるLED照明

LED照明における最大のメリットは、寿命が長いという事でしょう。一般的な蛍光灯の寿命は最大で約1万2千時間と言われていますが、LED照明での寿命は最大で約6万時間あり、比較すると約5倍もの差があります。そのため、交換する手間も少なくなる所もLED照明の利点となっています。また消費電力がとても低く、蛍光灯などに比べて電気代が抑えられるのもLED照明の魅力です。例えば蛍光灯とLED照明で同じ明るさにする場合、蛍光灯では約12Wの電力が必要ですが、LED照明では約8Wの電力で済みます。他にもLED照明はほとんど紫外線がないので、紫外線によって照明に近づいてくると言われている虫は寄ってきません。虫が苦手な方にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

長期的に見ればLED照明に切り替えるのがお得!

照明に使用するLED電球の価格は以前と比べるとだいぶ下がってきて落ち着いてきましたが、まだ蛍光球などと比べるとやや高めな状態となっています。例えばある明るさの蛍光球が500円程度だとすると、同じ明るさのLED電球の場合、1000円以上する事も珍しくはありません。

しかし、初期費用が高いと言われていますが、長期的に見ればLED照明に切り替えるのがお得感は大きいと言えるでしょう。

一方、LED照明には多くのメリットがありますが、注意して置くべき点もあります。それは光が広がりにくく、部屋の広さによって明るさが異なってくる点です。近年では光の広がりを大きくする照明器具も出てきていますが、蛍光灯などと比べると光の広がりは弱いと言えます。

LEDライトパネルを使えば電球にはできないカラフルな電飾を施せます。消費電力も少なく発熱も低いため様々な彩りに使うことが可能です。