Site Overlay

宴会の幹事になった時には何をしていけば良い?


日時や宴会場所など基本的な事を決める

宴会の幹事になった場合は、まずは基本的な事を決める必要があります。まず決めなければいけないのが日時になります。この時に大事になるのが、参加予定の人が全員集まりやすい日時に設定する事が大事なので、参加者全員にいつ開催すれば来れるのかを聞く事が必要でしょう。もしくは、あなたがいくつかの日時を提案してその中から参加人数が多くなりそうな日を選択する方法もあります。とにかく、参加者がなるべく多く集まる事を意識して決める事が大事です。

次に、宴会場所を決める必要があり、お店か誰かの自宅で行うのかを決めていきます。お店で行う時には、居酒屋など飲み放題やコース料理があるお店を選択した方が宴会として相応しいです。誰かの自宅で行う場合は、料理を自分たちで準備する必要があるので、料理担当者を決める事が必要になります。

当日も宴会の中心人物として活躍する

幹事は宴会の日時や場所などを決めるだけでなくて、当日も宴会の中心人物として活躍していく事が必要です。例えば、乾杯をする時にはちょっとしたご挨拶をしたり、宴会が盛り上がるように積極的に参加者に声をかける事も必要になります。また、参加者から宴会費用を徴収する事も必要になるので、お会計までに費用を一人一人から回収する事も忘れないようにします。

お店で飲み放題を注文したりすると、制限時間が設けられる可能性があります。その制限時間も小まめに確認して、いつ宴会を終了させるのかも考えながら会を進行させていく事も必要です。何かと大変ですが、宴会に一番貢献できるのでやりがいがあります。

大阪の宴会とは、賑やかな街大阪で食事会をすることです。食の台所と言われる大阪には、宴会ができる無数の飲食店があります。