Site Overlay

「CAD」ってなに?「CAD」のメリットデメリット


「CAD」のメリット

「CAD」とは、簡単に説明すると「パソコンを使い、設計図などを書くソフトやシステム」のことです。一昔前は面倒な作業が多かったCADですが、現在CADによる製図や図面の作成は比較的簡単になり、時間も早くなりました。製図や計算、修正など全ての作業がパソコンでできるので、何か修正があったときでもすぐ対応が可能で、情報共有しやすいというのが最大のメリットといえます。主に建築や航空業界でのみ使用されていたCADですが、現在では電気やアパレル、インテリア業界などでも使用されていて、今後もニーズが広がっていくでしょう。

「CAD」のデメリット

「CAD」のデメリットとしては、CADソフトのハードやソフト及びそのメンテナンスのコストが高く、ソフトによってデータの互換性が低い、

製図者のスキル低下がみられるなどが考えられます。また、健康面では視力が悪くなる、肩こり腰痛になるなどがあげられます。健康面での対策として、一時間に一度は軽いストレッチをしてみるなど、症状の軽減や予防をしていくことも可能でしょう。

あると有利「CAD」の資格

一般的に「CAD」の資格があれば、就職や転職に有利になるといわれていますが、CADの資格にはどのようなものがあるのでしょうか?CAD利用技術者試験は、CADを扱う幅広い業界で認知されています。CAD利用技術者試験は3種類あり、「2次元CAD利用技術者試験基礎」や「2次元CAD利用技術者試験」、「3次元CAD利用技術者試験」です。

電気CADとは、電気設計をサポートするのに優れたソフトです。例えば電気のCADはパソコンで効率良く、設計や製図が出来ます。